読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manie's blog

@cz500c

はじめての株取引(スイングトレード)

ガンホーの株で儲かりました。翌日損しましたそんなお話。

 

取引の前に、スイングトレード(2日から2週間で売買)の基礎を学びました。10日ぐらいかかりましたが、まだまだ入口です。

基礎として大事なのは、売買ルールを守ることだけでした。

 

売買ルールは、

銘柄選び

タイミング(重要)

金管理(超重要)

の3つです。

 

 

銘柄選びで大事なことは、流動性・値幅・出来高の3つです。

 

流動性はSBIのフル板情報とかで見るとわかりますが、各ティックの価格に10件ずつ指値が入っていればそこそこ動きます。30件以上あるとかなり滑らかに動くので安心です。そのかわり滑らかに損失しますけど。それぞれの価格に1件しか指値がないとか、そもそも指値価格がとびとびの株は、手を出してはいけません。

 

値幅は「ボラティリティ」と呼ぶ人もいますが、要するに激しく上下する株ほど儲かります。毎日ちょっとずつ値上がりする株を買うほうがよさそうに思えますが、それは投資です。私がやるのは投機なので考え方が逆なのです。

 

出来高は1日で売買10億円ぐらいあればよいです。平均出来高も確認。出来高が大きいほど注目度が高く、みんながチャートを見てエントリーしてきます。同じポジションの人が多いほど有利なトレードになるので重要な指標です。ただし、株価が100円を切るような株は投資で買う人がほとんどいないわけですからやめたほうがいいです。相対的に値幅は大きいですが、それだけのことです。

 

 

タイミングはテクニカル分析で決めるのですが、みんな同じタイミングを注目しているので相対的に重要度は下がります。

大前提として、最安値で買おうとすると損をします。狙いが外れたときにどこまでも損をすることになるのが理由です。

真夏のテレビ番組でよくある「気温35度!今日は今年一番の暑さです!汗が止まりません!」というアレです。あなたならどうやって最高気温の日を予想しますか?涼しくなってから気づいても1日か2日の遅れです。

 

テクニカル分析はトレンドフォロー系(順張り)とオシレータ系(逆張り)を2つか3つ押さえておけば涼しい日を見つけることができます。

 

金管はタイミングとも連動するのですが、ようするに2つのことだけです。

株数とロスカット価格・利食い価格を決める。

トレード1回で資金の2%まで損失してよい、などのルールを決めたら守り続けるだけです。重ねて毎月の損失が6%を超えたらその月はトレードをやめて反省点をさがします。負け続けて資金がなくなってから反省しても遅いですし。

たとえば資金1000万円でトレード最大損失を2%(20万円)と決めた場合、ロスカット値幅100円なら2000株のポジションを持つということです。安い株だからたくさん買うとか、高い株だから1つだけ買うとかやると損するのです。

利食いについては目標価格に達したら終了するだけですが、トレイリングストップを導入すると楽しいです。そのかわり、高い確率で利益は減ります。でかい1発を当てられるかもしれませんが、ほとんどないです。

また、建て玉(現在保持中の株)を分割してトレードする手法も楽しいです。代表的な方法は「半分ずつ2回に分けてエントリー、全部をまとめて手じまい」「目標価格で半分手じまいして、残りはトレイリングストップでついていく」という方法です。

自分の不安やイライラが減る方法で建て玉をエントリーすると楽しく手じまいできる気がします。

 

と、基礎をなぞっておいてツイッターでガンホーが儲かるって見たという理由で買いエントリーしました。初心者丸出しです。これが最初の勘違いでした。

ガンホーオンラインエンターテイメント(株)【3765】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

売買履歴をチャートとともにお楽しみください。

トレード期間 9月3日から9月6日

買い 68000円 売り 70000円 +2000円

買い 70000円 売り 72000円 +2000円 半分

買い 70000円 売り 73000円 +3000円 半分

買い 71400円 売り 73000円 +1600円 半分

買い 70000円 売り 73000円 +3000円 半分

買い 74200円 売り 79000円 +4800円

買い 74500円 売り 79000円 +4500円

買い 78000円 売り 79000円 +1000円

買い 78500円 売り 78000円 -500円

買い 83500円 売り 80000円 ー3500円

買い 82000円 売り 80000円 -2000円

 

 信用売り規制について勘違いしていました。「現物を買う人・信用買いする人」のみがエントリーしてきて、値下がり中に売るのは「信用買いの返済売り(ロスカット)」しかないので買えば絶対儲かるのです!などと。

9月3日の午後寄り付きで活発な売買を見て「4700株も一度に約定するんだな!この銘柄はすごい!」と勘違いしていました。冷静に考えれば一度に3億円も約定できるのは機関投資家だけです。

いろいろ調べてみたところ、どうしてこのような値動きになったのか原因がわかりました。知らないのは初心者だけだと思います。機関投資家の空売り株の残高は公開されていますので、確認しておいたほうがいいですね。

 

3765 ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社の空売り残高情報

 

Deutsche Bank Londonの9月3日の4793株のポジション縮小(まとめ買い)と9月4日の計13171株の空売りを確認すると、9月3日午後寄り付きの爆上げと9月4日の売りたたきによる低調に説明がつきます。3億円で爆上げして、3.2億円の含み益を得て、売りポジションを8000株増やすなんて頭いいですね。

 

機関投資家の信用売り残高について気づいたことがあります。