読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manie's blog

@cz500c

会社の変な風習3

定時退社の意味が分かりません。

 

全員同時に当日の作業が終わることなどあり得ません。どう考えてもみんなバラバラだし、個人を見ても日によって遅かったり早かったりするはずです。

 

ということはズルしています。サボって不当に報酬を得ています。

あるいは不当に無給労働をさせられています。

 

どちらにしても不幸です。

 

確かに労働者が不当に不利益を被っていた時代がありました。長時間労働を強いる状況は避けるべきです。だからといってほとんどの労働者がズルをしている現状はよくありません。

 

なぜなら経営者の方が賢いからです。

 

労働者がズルしていることを経営者は見抜いています。じわじわと人員を減らしサボりが出来なくなるライン(残業が発生する水準)を探ってきます。残業代を払う代わりにさらに人員を減らしていきます。

 

仕事が終わったらさっさと帰る方が健全です。短い時間で終わるのは有能の証です。

 

短時間労働には少ない賃金と考える経営者ならば労働者は転職すればいいのです。無能な労働者に高い賃金を払うことに気づけない経営者は会社を消滅させるでしょう。

 

定時退社の仕組みは高い能力を見つける道具であるべきです。退社前のサボり時間を作ったり日々の残業代を稼ぐための仕組みではないはずです。

 

なぜ誰も変えてくれと言わないのか不思議です。