読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manie's blog

@cz500c

信用余力がなくなりました(自慢と後悔)

レバレッジ1.0倍ぐらいですけど。

 

私は常に逆指値損切り注文を入れていて、決済は成行です。成行決済は最大値幅での指値注文になるので信用余力が大きく減ります。だからどんなに大きなポジションを持とうとしても、証拠金の1.3倍ぐらいまでしか株を持てません。下手だからこれで十分です。

 

もちろん損切り注文を解除すればさらに2倍の株を持てますが、そこまでする必要はないと考えています。そもそもそんなに株を買う機会が訪れないからです。もしそういう機会が来たらやります。

 

私は株を買った後に高値を更新するタイミングで増し玉を乗せていきます。それ以外の理由で増し玉をしないルールです。ルールを破った時は失敗することが多いです。


素人トレーダーが上昇過程の株を買って(なぜか)損切りするまでの記録 - manie's blog

 

連騰する、あるいは損切り手じまいにならずに株価が上昇する時だけが「全力」になります。余力がなくなったのは東ソーを4回増し玉したからです。

 

東ソーの経緯メモ

すごく下手なトレードです。あしからず。

 

日経平均株価がレンジ下限付近でした。12月8日、17日、28日、1月16日と高値安値を繰り返していました。このまま安値を割り込むのかレンジの上限に向かうのかどっちなのかな?という状況でした。

f:id:manie:20150128165730p:plain

 

こういうときに値崩れせずに堪えている銘柄を仕掛けて「もし日経平均が上昇に転じれば」大きな利益を上げる可能性が高いです。だめなら即日損切りです。1日分の損切りと何日も上昇する値幅を天秤にかければ仕掛ける結論に至るのは当然でしょう。

 

東ソーの週足。エントリー直前です。日経平均株価とは景色が違います。

f:id:manie:20150128164310p:plain

 

東ソーの日足。エントリー直前です。教科書通りの三角持合いです。

f:id:manie:20150128170115p:plain

 

エントリーから今日までの日足チャートです。赤い水平線が約定価格です。

f:id:manie:20150128163914p:plain

 

緑色の矢印が最初に買ったところです。青い矢印が増し玉をしたところ。赤い矢印が増し玉をすべきなのにしなかったところ。

f:id:manie:20150128163831p:plain

 

約定価格は609円、616円。624円、626円、652円。ルール通りの理想の価格は596円、613円、624円、626円、632円、640円、649円。

 

初日。1月19日。ギャップアップで始まって驚く。出来高も多い。いますぐ買うべきなのに怖くて買えない。寄り付き価格を下から上に抜く。怖い。節目の600円を超える。怖い。持合い上放れの価格を超える。怖い。さらに上昇。うわぁ置いていかれる飛びつけー。となったのが609円。最悪のエントリーでした。

 

1月20日。前日安値に入れた損切り注文を引き上げたくて仕方がない。株価は高値を更新。買い増し。引け後に損切り注文を当日安値に引き上げ。ちょっとほっとするが翌日下げなら損切りなのでやはり怖い。ドキドキ

1月21日。あさイチで高値更新。買い増し。すると株価は急降下(実際はたいしたことない)。最悪のパターン。でも損切り注文はいじらない。このまま切れるとひどいことになる。損切り3発ぶんぐらいやられる。でもしゃーない。

1月22日。小幅続落。損切りスレスレまで下がる。「陽線安値の2ティック下」なのはいつものことだが内心ラッキー。

1月23日。高値更新。でも買い増しはしない。なぜならすでにほぼ同じ価格帯で増し玉しているから。同じ価格帯の株数を集中させると翌日のダメージが増えるだけ。

1月26日。ギャップダウンして切り返す。高値更新。怖くて増し玉ができない。ビビり。チキン。トレーダーとして最低の行為。機会損失。ルール違反。あらゆる意味で最悪。

1月27日。高値更新。陰線で株価は元に戻ってしまった。増し玉をしていない。昨日に引き続き最悪の行為をしている。昨日買うべきだった価格に戻っているが「下げる過程で買うのはダメ」と都合のいい言い訳をする。

1月28日。高値更新。増し玉。いまさら買う。まさに「おとといきやがれ」である。これで翌日下がって手じまいになったら、悔しくて枕パンチ程度では済まない。

 

 

正直言ってひどいトレードである。ちゃんとルール通りにやっていれば何日も前に「全力で買い増しして寝てるだけで儲かる」状況になっていたというのに。どうでもいいニュース(ギリシャとか)に踊らされすぎである。

 

というわけで増し玉できないほど資金を入れてしまったが、その割に利益がたいしたことない。資産+3%程度。しょぼい。10%行っててもいいぐらいなのに。次こそ失敗しないぞ!と誓うと失敗するので誓いません。ビビるのは目の前の利益を失いたくないから。ルール通りやってれば永遠に儲かるという確信がないから。自分を信じてないから。

 

でもまぁなんとかなる。手法全体としてはいける感触を得た。結局平均取得単価が625円になっているので、もうどうやっても儲かるエリアまで来た。しかも全力で買っているのにだ。理想的だ。私はこれがやりたいのだ。

 

日経平均株価がレンジの状況で株価が崩れない株を仕掛ける。あるいは日経平均が上昇しているのにちっとも上に反応しない銘柄を空売りで仕掛ける。そういう視点で銘柄を探すことが「増し玉戦略」に合致する。

 

もう東ソーを増し玉することはできないので「前日安値を割ったら手じまい」「高値更新が陽線だったらストップ注文を引き上げ」を繰り返すだけである。だからメモに残す必要がない。まぁどうせ明日手じまいでしょ…。月まで吹っ飛んでほしいがそんなことないわけで。もうちょっと伸びてくれるといいなぁ。

 

他には旭化成帝人を買ってます。カドドワは昨日から売ってます。どんどん損切りするから優等生しか残らないだけですが。

 

日々勉強。