読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

manie's blog

@cz500c

初めて株を買うとき、を分析しよう

要約 素人が株を始めた時に起こる現象とその理由について。欲望・ビギナーズラック・相場状態・呪われた成功体験

 

初めて株を買うとき、を分析しよう

初めて株を買うときは「お金を儲けるぞ!」と決意したものです。ドキドキしながら株を買いました。そして、儲かりました。やった。その後、損しました。やべぇ。また儲かりました。やっほぉぉう。その後、損しました。や、やべぇ、マジでやべぇ!ホントにマジで!……この辺りで「あれ?なんかおかしいぞ?簡単に儲かるはずでは……」なんて感じでした。この時点で破産していなくてよかった。何の変哲もない相場状態で2週間で資産5%増減とか狂気としか思えません。ラッキーでした。

行動には動機があって、動機には情報と環境があります

振り返ってみると、なんだか株の話題が多かったのではないかと思います。2013年の5月ごろにトレードを始めたのですが、そのころの「投資」「アベノミクス」をgoogleトレンドで調べてみました。青い矢印が2013年5月です。

f:id:manie:20160612012941p:plain

モロですね。完全に素人がニュースに踊らされて株を始めるパターン。しかしここで新たな疑問が。なぜそのタイミングで始めた?

 

なんで今まで株をやってないの?

株はギャンブル。ほとんどの人はそう思っています。実際に私も思っていたし、いまでも思っています。ギャンブルは怖い。負けたら破産しちゃうし、勝ったとしても中毒や依存状態になってしまう。要するになんだか怖い。株には不安や恐怖がつきまといます。その恐怖を塗りつぶすほど大きな感情が生まれたから「株で儲けよう!」と決意するのです。

本心ではギャンブルだと思っていることを正当化するためにいろいろ理由を持ってきます。「世界経済は平均すると某%の成長を続けていてこの利回りを映す鏡が株式投資であり云々」「米FRBQE政策を維持しており株式相場は堅調」「貯蓄しても老後資金に届かない。株を始めるなら早いほうがいい」「大相場が来ている。まだ間に合う。誰でも儲かる」「損切り利食いの手法を学習してから臨めば低いリスクで資産を増やせる」「官制相場」「現物で買えば最悪でも破産しない」「投資信託なら安全」などなど。全部がウソじゃないけど。「よし、なら株を買うしかないじゃないか!」と自分で自分を納得させてから行動を開始します。すべての素人はほぼ同時に自分を納得させていたはずです。情報収集が遅い上に決断まで時間をかけ、できるだけ遅く遅く行動する傾向があります。

すべての素人は恐怖を欲望で塗りつぶして株に手を出す

というわけですべての素人(つまりカモ)は恐怖と欲望のみを武器に株式市場にお金を持ってやってくることになります。そしてすべてを失って去っていくことになります。知識も技術も作戦も根性もないのに売買を始めるので、何をどうやっても「カジノに来た初心者」になってしまいます。むしろカジノに来たと認識していない分、さらにひどいです。全員が破産するのも当然でしょう。実際には含み損まみれの現物株を持ち続けるわけですが、雀の涙の配当金で埋めるには100年ぐらいかかる上に「いつでも自由に使えるはずだったお金」がなくなっているのです。破産と言っていいでしょう。

ビギナーズラック

とはいうものの、多くの素人は一時的に儲かることが多いのです。理由は簡単で「素人は大相場の終盤にやってくる」からです。終盤といえども大相場なので「株を買って持っていれば儲かる」のはある意味当然なのです。含み損を抱えても3か月や半年ぐらいは平気で持ち続けますので(狂気の沙汰ですね)、切り返して上昇してくると利益を得ることができます。なにしろ大相場ですから。資産全力の人がほとんどなので「かなりの大金」を得ます。

なるほどこうやるのか!

株は買ったら持ちっぱなしでいいんだ!なるほどなるほど!よしよし分かってきたぞ。株を買うときはできるだけ

下げ続けている株を買えばいいんだ!

含み損の時期はちょっとドキドキするけど儲かる額も増えてきたし、

勝利の法則発見!

実際に100万円が1億円になるひとも現れます。上昇相場で買って待つ作戦は真に資産を増やす正攻法です。

その時相場はどうなっているか

大相場の終盤かどうかは後になってみなければわかりませんが、後から見ると誰にでも明らかに終盤なのです。日経平均株価の20年を1枚の画像で。(四半期足)

f:id:manie:20160612184739p:plain

どこかで上げ相場は終わるので、勝利の法則だったはずの手法で破産へまっしぐらに。最初から破産することは決まっているのですが、じわじわと破産の兆しを感じながら死んでいくことになります。まずはテクニカルに手を出し、ディフェンシブ株を研究し、配当利回りを言い訳にし、値動きだけ(自分の含み損益だけ)で売買をするようになり、資産が減って低位株しか買えなくなって、破産します。だから低位株なんだな、と塩漬け銘柄を見てやっと気づくのです。

ではどうすればいいのか

素人が素人から抜け出すには、よい師匠が必要です。まずは素人がどれほど愚かな存在なのかを知るためにできるだけ愚かなトレーダーを研究するべきです。目の前にいますね、下手くそなトレーダーが。

manie.hatenablog.com

 

トレーダーそれぞれが「思わず買ってしまう」ポイントは違います。順張り・逆張りを選択するのは自分の性格を知ってからです。そしても今日もジャンピングキャッチしてしまうのでした。

 

日々勉強。

 

記事まとめ

manie.hatenablog.com